ガラスドアに注意

店舗や事務所などの出入口というのは親子ガラスドア担っているものが多いです。
そしてこのようなガラスドアというのは出店荒らしの被害に遭いやすいです。

窃盗犯の中には店舗や事務所を専門に狙うものもいます。そのような窃盗犯はもはやガラス破りのプロといっても過言ではなく、荒っぽい犯行も大胆に行ないます。

狙われるのは金庫や鍵がかかっているデスク、キャビネットなど。お店だったらレジスターも開けられてしまいます。
また、最近ではパソコンや重要書類などを盗んでいくことも多いです。このようなデータを裏取引で売買してお金に変えているのです。

顧客のデータなどが盗まれたら会社は信用問題に関わります。なんとしてでも守るようにしっかりと対策をとって下さい。

侵入に時間をかけさせるためには補助錠を取り付けてワンドアツーロックにするのはひとつ有効な手段です。補助錠はリバーシブルになっていて外からも内側からも鍵をつかって施錠するタイプにしましょう。
そうでないとガラスを割ってサムターンを回されてしまうからです。それではワンドアツーロックにした意味がありません。
また窓の鍵を防犯タイプに交換するという手もおすすめです。

また、カンヌキは通常のものではなく鎌錠型のものにしましょう。こじ破りに対策することができます。
さらに言えばガラスは防犯ガラスにすれば割られにくくなります。防犯ガラスだとわかるステッカーを貼っておけば窃盗犯に対する威嚇効果も期待できます。

店舗の防犯対策もお任せ下さい。全国対応の鍵屋が出張します。